スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【菅内閣発足】稚拙な与党、動けぬ野党 国会会期延長めぐりにらみ合い(産経新聞)

 8日に誕生した菅直人新政権の喫緊の課題は、16日で会期末を迎える今国会を延長するかどうかだが、「対話」を強調する民主党新執行部は方針を決定できず、政権運営の稚拙さを早くも露呈してしまった。一方、野党は参院選を前に新政権に少しでもダメージを与えたいが、決定打はなく攻めあぐねている。(今堀守通)

 「党内事情で国会に空白を生じさせたことにおわびしたい。これからはきちんと議論を重ねていく国会にしていくのでご協力いただきたい」

 民主党の樽床(たるとこ)伸二国対委員長は8日午後の与野党国対委員長会談で、野党の要求を無視し、強行採決を連発したこれまでの強権的な国会運営をわび、対話を重視する姿勢を打ち出した。

 だが、野党側が「政治とカネ」問題をめぐり、衆院予算委での小沢一郎前民主党幹事長らの証人喚問などを要求すると、樽床氏は「9日にできるところまで返事をさせてもらいたい」と返答。山岡賢次前国対委員長との違いを鮮明にし、「脱小沢」をアピールしたかったようだが、さすがに野党の要求の丸のみはできなかった。

 しかも樽床氏は首相の「晴れ舞台」である所信表明の期日さえ、野党に明示できなかった。会期延長をめぐり、民主党内では、国民新党との「信義」を重視し、延長して郵政改革法案を成立させるべきだとする意見と、支持率が高いうちに一気に参院選を行うべきだとの意見が交錯する。首相も方針を決めあぐねているのが実情なのだ。

 一方、野党は、会期延長せず、6月24日公示、7月11日投開票の日程で参院選に踏み切られると手痛い。2週間ほど延長し、郵政改革法案を強行採決してもらった方が与党の横暴をアピールできるからだ。

 このため、与党が延長に消極的で、野党が延長を求める「あべこべ現象」が起きてしまった。

 自民党は8日、川崎二郎国対委員長の下に首相の過去の言動調査や疑惑追及に向けたプロジェクトチームを発足させた。川崎氏は記者会見で「『逃げるな、菅!』をこれからの自民党国対のキャッチフレーズにしたい」と息巻いた。

 だが、「疑惑」といえるほどの材料は集まらず、初会合はほとんど雑談に終始したという。国会日程が決まらない上、首相の攻撃材料も乏しい。党内のイライラは募っており、このままでは民主党の政局が飛び火しかねない。

                   ◇

 ■菅内閣の基本方針

 菅内閣は8日夜の初閣議で、閣僚ら政務三役の職務について基本方針を決定した。要旨は次の通り。

 一、政権への期待が揺らいでいることを踏まえ、政権交代の原点に立ち返り、国民の信頼回復に邁進(まいしん)する。

 一、国民が未来に希望を持てる社会を創(つく)るため、経済・財政・社会保障の一体的建て直しに取り組む。

 一、閣僚は国民の代表である国会が選んだ菅内閣の一員として、省益にとらわれることなく、総合的な立場から一体となって内外の政策課題に取り組む。

 一、限られた人材・予算を有効に活用する観点から行政の無駄遣いの根絶を一層徹底するほか、情報公開を更に進め、「行政の透明化」を推進する。

 一、政務三役と官僚は、相互に緊密な情報共有、意思疎通を図り、一体となって真の政治主導による政策運営に取り組む。

日本のウイスキー、世界を席巻 「響21年」「竹鶴21年」最高賞W受賞(産経新聞)
iBooks用日本語書籍を公開(時事通信)
航空自衛官 帰宅途中の女性に痴漢(産経新聞)
日本のウイスキー、世界を席巻 「響21年」「竹鶴21年」最高賞W受賞(産経新聞)
<無賃乗車>IC乗車券不正利用は85人 JR東海社員処分(毎日新聞)
スポンサーサイト

「クリーンな政治」実現できるか 菅氏の手腕に注目(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相の辞任に伴う民主党代表選で、「クリーンな政治」を訴えた菅直人氏(63)の政治手腕に注目が集まっている。鳩山氏、小沢一郎氏の「政治とカネ」の問題をめぐり支持率を下げた民主党。民主党の浄化はできるのだろうか。一方、若さをアピールした対抗馬の樽床伸二氏(50)も存在感を高めている。

 菅、樽床両氏の代表選の届け出は4日午前9時、民主党本部で行われた。受け付け開始と同時に姿を現したのは、大阪12区選出の樽床氏を推薦する一年生議員、勝又恒一郎衆院議員ら。樽床氏に代わり、代表選の届け出を済ませると「有利不利でなく、最後までさわやかに訴えていく」と意気込んだ。

 菅氏陣営の大河原雅子参院議員らもすぐに駆けつけ、菅氏の出馬を届け出た。午前11時からの代表選に先立ち、国会内に菅氏の陣営は、40人を超える衆院1年生議員を集めて出陣式。優位が伝えられる中、「気を引き締めていこう」などと気勢を上げた。

 菅氏は代表選に際し「日本再生の希望のたいまつ」をスローガンに、民主党が失った信頼を回復するため「政治とカネ」の問題にけじめをつける必要を強調。小沢氏を起用しないことなどを表明して「クリーンな政党」を訴えてきた。

 民主党の田嶋要衆院議員は「政治とカネの問題を抱えたトップ2人がいなくなり、ようやくこれが新しい民主党の第一歩だ」と管氏の“浄化能力”に期待。

 一方、樽床氏は島根県の職人の家庭に生まれ、失明した祖父を支え続けた父の頑張りを引き合いに、「努力が報われる政治」の実現を表明。50歳という若さをアピールし、手つかずだった衆院定数80議席削減を最優先課題に「世代交代」を強く訴え。「今後、存在感を増すのでは」との声も聞かれた。

【関連記事】
菅氏「首相から(引き継ぎの)メモをいただいた」
原口総務相も菅氏支持 長妻厚労相は小沢氏排除に言及
海外メディアが菅氏を紹介 「率直な物言い」「官僚と対決」「イラ菅」
小沢氏側近の松木氏、菅氏の小沢外し発言に不快感
菅氏、早くも“上から目線”!? 「小沢さん静かにしていて」
樽床伸二氏って誰?民主党の“兄貴分”

鳩山首相が辞意を正式表明「職を引かせていただく」 小沢氏も辞任(産経新聞)
沖縄でも口蹄疫か=牛1頭がよだれ(時事通信)
首相、退陣記者会見開かず…オープン化は?(読売新聞)
塩川氏「政治知ってる」 上杉氏「開かれた政治に期待」 菅新首相誕生 (産経新聞)
「だまされたふりを」と現金詐取=警察作戦逆手の振り込め―東京(時事通信)

仲井真沖縄県知事が日米合意案に不快感(産経新聞)

 沖縄県の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事は23日午前、県庁で鳩山由紀夫首相と会談し、日米両政府が大筋合意した米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題に関する合意文書案について、「率直に、県内ではたいへん失望感が出ている」と述べた。鳩山政権が「県外移設」を一時追求しながら、キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)に代替施設を造ることになったことに不快感を示したとみられる。

【関連記事】
「日米合意、全く理解できない」福島党首 困惑の社民党
日米合意形成を最優先 普天間問題最終決着ほど遠く
普天間問題で日米政府が大筋合意 辺野古沖に新滑走路
普天間迷走も支持率低下もあいつのせいだ
【鳩山政権考】さながら「オール無責任政権」

社会医療法人、5法人の認定が新たに判明(医療介護CBニュース)
人工呼吸器「外した」ALS専門医9人(読売新聞)
<稲穂>枝増やす遺伝子を名大チームが発見 最大52%増も(毎日新聞)
大阪府立高35歳教諭、下半身露出で現行犯逮捕(産経新聞)
初の医師不足実態調査の内容が判明―厚労省(医療介護CBニュース)

戦後抑留に25~150万円、与党・政府合意(読売新聞)

 政府・与党は11日、第2次大戦後に旧ソ連のシベリアやモンゴルに強制抑留された日本人に対し、特別給付金として、1人当たり25万~150万円を支給することで大筋合意した。

 野党の協力も得て、支給のための関連法案を今国会に議員立法で提案し、成立させる方針だ。

 合意案によると、現在も生存している日本国籍の元抑留者に対し、帰国時期に応じて特別給付金を支給する。支給対象者は約7万人と見られている。

 必要な財源は、これまで強制抑留者や引き揚げ者らの支援を行ってきた独立行政法人「平和祈念事業特別基金」の資本金200億円を取り崩して賄う。

 さらに、強制抑留の実態調査や遺骨収集など、抑留に関する総合的な対策を政府が講じる方針も盛り込んだ。具体的な対策案は、厚生労働相が作成し、閣議に諮るとしている。

 民主党が当初検討していた法案では、政府に対し、日本人の元抑留者の遺族や日本人以外の元抑留者にも何らかの補償措置を講じるよう検討を求める規定が盛り込まれていた。しかし、政府内に慎重論が根強く、今回の合意案では、関連法案に、この規定を盛り込まないことを明記した。

 政府・与党は、今回の特別給付金以外に、今後一切の給付事業を行わない方針だ。

両陛下が学童クラブをご訪問(産経新聞)
「関西広域連合」設立同意案の提出見送りへ(産経新聞)
卒煙塾塾長に俳優の舘ひろしさん=かつてヘビースモーカー-神奈川(時事通信)
桟橋方式に否定的=国民新・亀井代表(時事通信)
徳島県が防災・安否確認「すだちくんメール」開始(産経新聞)

証人「白い服の男が走り抜けた」被告は正面から見すえ…(産経新聞)

【秋葉原17人殺傷 第7回】(3)

 《1人目の目撃者男性の証言が終了した。加藤智大(ともひろ)被告(27)は軽く両手をひざの上で組み、うつろな目でまっすぐ前を見据えたままだ》

 《証言を終了した男性が必要書類に記名する手続きをするが、待合室に捺印(なついん)用の印鑑を忘れたため、係員が取りに行く間、約10分の空白が続いた》

 《加藤被告はときおり、ほおをかいたり、口元に手をやるなど、少し落ち着かない様子だ》

 《係員が戻って、ようやく手続きが終わり、目撃者男性が退廷。2人目の目撃者は遮蔽(しゃへい)が必要ないということで、衝立が取り払われた後、新しい若い男性が入廷する。次の証人のようだ》

 《ここで加藤被告は後の弁護人に声をかけ、証人を真正面に見ることができる位置に席をずらした。加藤被告は上目使いにまっすぐ証人を見据える》

 村山浩昭裁判長「ウソの証言をすると、虚偽罪に問われることがあります。証言は簡潔に述べてください」

 証人「分かりました」

 《村山裁判長が声をかける。男性の証人は、加藤被告の視線も気にすることなく、法廷に通るはっきりとした声で答えた。検察官の質問が始まる》

 検察官「平成20年6月8日の事件当日、なぜ秋葉原にいましたか」

 証人「買い物に秋葉原に行きました」

 検察官「当時、どこに向かっていましたか」

 証人「上野方面から歩いて(大型パソコン店)ソフマップの角を曲がったところでした」

 検察官「どの位置にいたか、地図に記してください」

 《大型スクリーンに秋葉原の交差点を拡大した地図が映し出された。証人は検察官の指示に従って手元の地図に「ア」と記し、丸で囲った。ちょうど中央通りを南に向かって歩き、左折した位置だ》

 検察官「どんなことを見聞きしましたか」

 証人「音楽プレーヤーをヘッドホンで聞いていたのですが、それでもドンドンという大きな音が聞こえ、振り向くと、横をトラックが通りました。何人かが倒れていて、さっきの音は人がはねられた音だったと思いました」

 検察官「トラックの位置を書いてもらえますか」

 《証人は地図に「ト」とトラックの位置を記した。そこはまさに証人の真横、ぶつかっていてもおかしくない位置だった》

 検察官「トラックの前の方は見ましたか」

 証人「フロントガラスがクモの巣を張ったように筋状に割れていました。バンパーがへこんでいました」

 検察官「乗車していた人を見ましたか」

 証人「眼鏡をかけた男性が運転しているのをはっきり見ました」

 検察官「トラックはその後どうなりましたか」

 証人「しばらく進んで交番あたりで止まりました」

 検察官「倒れていた人の位置を書いてもらえますか」

 《証人は、地図上の証人がいた位置のすぐそばの交差点上に倒れた2人分の位置を書き記す》

 検察官「2人の様子はどうでしたか」

 証人「1人は服がめくれ上がって本当にひどい状態で、動きは全くありませんでした。若い人だったと思います」

 検察官「もう1人は?」

 証人「少し離れていたのではっきりは見ませんでしたが、もう動かない状態でした」

 検察官「何が起きたと思いましたか」

 証人「ひどい事故が起きたと思いました」

 検察官「そのとき何をしましたか」

 証人「ただ、茫然(ぼうぜん)と見ていました」

 検察官「その後どんなことが起きましたか」

 証人「倒れた方の介護や蘇生(そせい)処置をしている方がいましたが、僕の横を白い服の男性が走り抜けていきました」

 検察官「どんな男でしたか」

 証人「眼鏡をかけ、白っぽい服を着ていました。トラックの運転手がひいた人の介護のために来たと思いました」

 《再び、検察官に求められて証人は地図上に男が通り過ぎた位置を記す。さきほどのトラックの位置と証人が立っていた場所の間。まさに真横を通り過ぎたことになる》

 検察官「その後、男はどうしましたか」

 証人「倒れた人を救護していた方にぶつかっていったように見えました」

 検察官「何をしていると思いましたか」

 証人「最初はよく分かりませんでした。何だろうと思いました」

 《加藤被告は上目づかいに証言を続ける男性を見据え続けている。落ち着かないのか、耳に手をあてた》

 《証人は、検察官にうながされて男がぶつかっていった人々の位置を地図上に記す。全部で3人だ》

 検察官「それぞれどんな人でしたか」

 証人「1人は警察官で、事故後の交通整理をしているようでした。1人はタクシーから降りてきた運転手でした」

 検察官「ぶつかった男は何をしましたか」

 証人「警察官にぶつかって何か刺している感じで、すぐに警察官が倒れました」

 検察官「ぶつかるとき、男はどんな様子でしたか」

 証人「走りながら手を突き出す感じ」

 検察官「倒れた方はどうなりましたか」

 証人「警察官はちょっと移動して倒れました。崩れるというか、しゃがんだ感じでした」

 《じっと男性に視線を送り続ける加藤被告。男性は動じる様子もなく、はっきり落ち着いた声で凄惨(せいさん)な事件現場の証言を続けていく》

 =(4)に続く

【関連記事】
きょうの公判 ライブ一覧(1)~
「犠牲になった友人が背中押して助けてくれた気がする」 秋葉原殺傷の被害者が証言
「みんな死ねば」加藤被告の悔恨 秋葉原17人殺傷
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶
秋葉原殺傷初公判 加藤被告「申し訳ありません」と謝罪

鳩山政権打倒を確認=麻生、平沼氏ら(時事通信)
大島自民幹事長「首相の態度は語るに落ちる」(産経新聞)
<建築確認>設計ミスを見逃した検査員らを処分 名古屋(毎日新聞)
仕分け前に偵察 蓮舫参院議員ら「YS-11」を見学(産経新聞)
情報入手3時間後に株売却…あおぞら銀元行員(読売新聞)
プロフィール

むらかみけいいちさん

Author:むらかみけいいちさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。