スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証人「白い服の男が走り抜けた」被告は正面から見すえ…(産経新聞)

【秋葉原17人殺傷 第7回】(3)

 《1人目の目撃者男性の証言が終了した。加藤智大(ともひろ)被告(27)は軽く両手をひざの上で組み、うつろな目でまっすぐ前を見据えたままだ》

 《証言を終了した男性が必要書類に記名する手続きをするが、待合室に捺印(なついん)用の印鑑を忘れたため、係員が取りに行く間、約10分の空白が続いた》

 《加藤被告はときおり、ほおをかいたり、口元に手をやるなど、少し落ち着かない様子だ》

 《係員が戻って、ようやく手続きが終わり、目撃者男性が退廷。2人目の目撃者は遮蔽(しゃへい)が必要ないということで、衝立が取り払われた後、新しい若い男性が入廷する。次の証人のようだ》

 《ここで加藤被告は後の弁護人に声をかけ、証人を真正面に見ることができる位置に席をずらした。加藤被告は上目使いにまっすぐ証人を見据える》

 村山浩昭裁判長「ウソの証言をすると、虚偽罪に問われることがあります。証言は簡潔に述べてください」

 証人「分かりました」

 《村山裁判長が声をかける。男性の証人は、加藤被告の視線も気にすることなく、法廷に通るはっきりとした声で答えた。検察官の質問が始まる》

 検察官「平成20年6月8日の事件当日、なぜ秋葉原にいましたか」

 証人「買い物に秋葉原に行きました」

 検察官「当時、どこに向かっていましたか」

 証人「上野方面から歩いて(大型パソコン店)ソフマップの角を曲がったところでした」

 検察官「どの位置にいたか、地図に記してください」

 《大型スクリーンに秋葉原の交差点を拡大した地図が映し出された。証人は検察官の指示に従って手元の地図に「ア」と記し、丸で囲った。ちょうど中央通りを南に向かって歩き、左折した位置だ》

 検察官「どんなことを見聞きしましたか」

 証人「音楽プレーヤーをヘッドホンで聞いていたのですが、それでもドンドンという大きな音が聞こえ、振り向くと、横をトラックが通りました。何人かが倒れていて、さっきの音は人がはねられた音だったと思いました」

 検察官「トラックの位置を書いてもらえますか」

 《証人は地図に「ト」とトラックの位置を記した。そこはまさに証人の真横、ぶつかっていてもおかしくない位置だった》

 検察官「トラックの前の方は見ましたか」

 証人「フロントガラスがクモの巣を張ったように筋状に割れていました。バンパーがへこんでいました」

 検察官「乗車していた人を見ましたか」

 証人「眼鏡をかけた男性が運転しているのをはっきり見ました」

 検察官「トラックはその後どうなりましたか」

 証人「しばらく進んで交番あたりで止まりました」

 検察官「倒れていた人の位置を書いてもらえますか」

 《証人は、地図上の証人がいた位置のすぐそばの交差点上に倒れた2人分の位置を書き記す》

 検察官「2人の様子はどうでしたか」

 証人「1人は服がめくれ上がって本当にひどい状態で、動きは全くありませんでした。若い人だったと思います」

 検察官「もう1人は?」

 証人「少し離れていたのではっきりは見ませんでしたが、もう動かない状態でした」

 検察官「何が起きたと思いましたか」

 証人「ひどい事故が起きたと思いました」

 検察官「そのとき何をしましたか」

 証人「ただ、茫然(ぼうぜん)と見ていました」

 検察官「その後どんなことが起きましたか」

 証人「倒れた方の介護や蘇生(そせい)処置をしている方がいましたが、僕の横を白い服の男性が走り抜けていきました」

 検察官「どんな男でしたか」

 証人「眼鏡をかけ、白っぽい服を着ていました。トラックの運転手がひいた人の介護のために来たと思いました」

 《再び、検察官に求められて証人は地図上に男が通り過ぎた位置を記す。さきほどのトラックの位置と証人が立っていた場所の間。まさに真横を通り過ぎたことになる》

 検察官「その後、男はどうしましたか」

 証人「倒れた人を救護していた方にぶつかっていったように見えました」

 検察官「何をしていると思いましたか」

 証人「最初はよく分かりませんでした。何だろうと思いました」

 《加藤被告は上目づかいに証言を続ける男性を見据え続けている。落ち着かないのか、耳に手をあてた》

 《証人は、検察官にうながされて男がぶつかっていった人々の位置を地図上に記す。全部で3人だ》

 検察官「それぞれどんな人でしたか」

 証人「1人は警察官で、事故後の交通整理をしているようでした。1人はタクシーから降りてきた運転手でした」

 検察官「ぶつかった男は何をしましたか」

 証人「警察官にぶつかって何か刺している感じで、すぐに警察官が倒れました」

 検察官「ぶつかるとき、男はどんな様子でしたか」

 証人「走りながら手を突き出す感じ」

 検察官「倒れた方はどうなりましたか」

 証人「警察官はちょっと移動して倒れました。崩れるというか、しゃがんだ感じでした」

 《じっと男性に視線を送り続ける加藤被告。男性は動じる様子もなく、はっきり落ち着いた声で凄惨(せいさん)な事件現場の証言を続けていく》

 =(4)に続く

【関連記事】
きょうの公判 ライブ一覧(1)~
「犠牲になった友人が背中押して助けてくれた気がする」 秋葉原殺傷の被害者が証言
「みんな死ねば」加藤被告の悔恨 秋葉原17人殺傷
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶
秋葉原殺傷初公判 加藤被告「申し訳ありません」と謝罪

鳩山政権打倒を確認=麻生、平沼氏ら(時事通信)
大島自民幹事長「首相の態度は語るに落ちる」(産経新聞)
<建築確認>設計ミスを見逃した検査員らを処分 名古屋(毎日新聞)
仕分け前に偵察 蓮舫参院議員ら「YS-11」を見学(産経新聞)
情報入手3時間後に株売却…あおぞら銀元行員(読売新聞)
スポンサーサイト

明石歩道橋事故 元副署長を強制起訴 改正法に基づき初(毎日新聞)

 11人が死亡した兵庫県明石市の歩道橋事故(01年7月)で、検察官役を務める指定弁護士は20日、県警明石署の榊和晄(さかき・かづあき)・元副署長(63)=退職=を業務上過失致死傷罪で在宅で起訴した。昨年5月施行の改正検察審査会法に基づき強制的に起訴する全国初のケースとなった。

 起訴内容は、同署の警備本部副本部長として事故を予見できたのに、不十分な雑踏警備計画を是正しなかったうえ、当日も、歩道橋の状況を把握して通行規制など事故防止策を指示する義務を怠った、としている。今年1月の神戸第2検察審査会の起訴議決を踏襲した内容で、榊被告はこれまで否認している。

 神戸地検は02年12月、書類送検された12人のうち、同署、市、警備会社の各現場責任者ら5人を起訴。事故当日の過失に限定して検討し、元署長(07年7月に病死)と榊被告については「現場の状況把握が困難だった」として容疑不十分で不起訴処分にした。しかし、指定弁護士らは「警備計画作成段階にさかのぼらないと事実関係は理解できない」とする同検審の判断にならい、事故当日だけでなく計画段階の過失も起訴の対象にした。

 また、同罪の公訴時効は5年だが、指定弁護士らは同署元地域官の金沢常夫被告(60)=上告中=を共犯者と認定。刑事訴訟法の共犯の時効規定に基づき、榊被告の時効は停止していると判断した。

 指定弁護士は公判で冒頭陳述や論告・求刑なども行う。公判では、遺族のほか、公訴時効について専門家から意見を聞く方針。【重石岳史】

 ◇指定弁護士3人「やっとここまで来たという感じ」

 指定弁護士3人は20日午前11時半から記者会見。主任の安原浩弁護士は「やっとここまで来たという感じ。今後の立証も大変だが、身が引き締まる思い」と話した。補充捜査の対象については「言えない」と答えるにとどまった。

 また、安原弁護士は、起訴議決をした検察審査会の判断について、「(今回調べてみて)起訴されてしかるべき事案だと確信した」と話した。被害者参加制度については、「被害者と密接に連携をとってサポートしたい」と話し、積極的に活用する方針を示した。

【関連ニュース】
明石歩道橋事故:元副署長を20日に強制起訴
明石歩道橋事故:元副署長、全面可視化を拒否
JR福知山線事故:検察官役に弁護士3人指定 神戸地裁
福知山線事故:JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審
明石歩道橋事故:遺族「補充捜査を」 要望書を提出

駅でエレベーター停止、11人閉じこめられる(読売新聞)
大学生らの小型衛星3基公開=「あかつき」に相乗り-宇宙機構(時事通信)
自民党 舛添氏「新党の『し』の字も話していないのに…」(毎日新聞)
競争激しい旧試験(産経新聞)
“過失”受け入れ難い副署長、沈黙のまま 明石歩道橋事故(産経新聞)

平松市長「大阪都は時代錯誤。橋下知事は敵いないと燃えぬ」(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事が代表を務め、大阪都構想を掲げる地域政党「大阪維新の会」の発足から一夜明けた20日、大阪市の平松邦夫市長は「都制自体が時代錯誤で、基本政策の中身がない。知事はワン大阪でなくワン関西を目指すべきだ」と批判した。

 橋下知事が発足式後、平松市長について「政治家として見切りをつけた」と発言したことに対し、平松市長は「政治家になりたくて市長になったわけではない。知事の手法は仮想敵がないと燃えない。むしろ悲しみを感じ、同情を禁じ得ない」と皮肉った。

 大阪維新の会が候補者を擁立する5月23日投開票の福島区市議補選については「一つの選挙ですべて流れが変わるというのは違う」と静観する考えを示した。

【関連記事】
橋下知事「大阪市長を政治的に徹底的に攻撃する」
偽ブランド品3万8千点を処分 大阪税関
地下鉄床下から煙、乗客100人避難 大阪市営千日前線
橋下“維新の会”自殺行為か新たな自治か…重い一石
無法「撮り鉄」撮られてた!大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

【Web】プラスネットで新ラジオ(産経新聞)
北日本は大荒れ、東日本はポカポカ(産経新聞)
窓口の明細書発行、入金機利用が大半なら希望者のみで可(医療介護CBニュース)
福島・社民党首が石原都知事の発言の撤回求める(産経新聞)
宝塚音楽学校 タカラジェンヌ卵たちが第一歩…入学式(毎日新聞)

<軽度外傷性脳損傷>患者団体が労災基準適用の法改正求める(毎日新聞)

 交通事故や転落などで脳に特異な損傷を負う軽度外傷性脳損傷(MTBI)の患者団体「軽度外傷性脳損傷友の会」(東京都江東区、約60人)は8日、細川律夫・副厚生労働相を訪ね、労働災害基準がMTBI患者にも適用されるよう改正を求めた。

 労災基準は磁気共鳴画像化装置(MRI)などで脳損傷が映し出されることが必要だが、MTBIの患者は映らないケースが多く、事実上救済されない。

 患者らによると、細川副厚労相は「よく検討する」と答えたが、踏み込んだ話はなかったという。てんかん発作に苦しむ東京都港区の女性患者(68)は「画像に映らなくても、症状は出ている。切り捨てないで」と訴えた。【宍戸護】

<みんなの党>参院選比例に前杉並区議を擁立(毎日新聞)
阿波おどりは基本教養、徳島市新人職員が研修(読売新聞)
西部ガス狙う?福岡の雑居ビルに銃弾跡(読売新聞)
米大使、実務者協議に難色=開始のめど立たず-普天間(時事通信)
熊本県知事が水俣病未認定患者救済で謝意(産経新聞)

フリー記者参加ブロックする 記者クラブ幹事社という存在(J-CASTニュース)

 各省庁でフリーライターらへの会見開放度を総務省が発表した。しかし、記者クラブによって対応に違いがあると、開放度の分類に不満が上がっている。クラブの幹事をしているマスコミが、なかなか会見での質問などを了解しないというのだ。

 各省庁の記者会見について、総務省は、フリーライターらへの開放度を調査し、A~Dまでの4段階に分けた。それを、原口一博総務相が2010年3月30日、閣議後会見で発表した。

■総務省の開放度分け、実態を反映せず

 ところが、この段階分けが、ライターらから不評を買っている。4月2日の会見では、ライターの畠山理仁さんが、ライターやネットメディアが参加も質問もできるA段階でも、記者クラブ側の了解を得るのが難しい場合があると訴えたのだ。

 総務省の調査によると、A段階が14府省庁。同省を始め、鳩山由紀夫首相が会見を開放したばかりの内閣官房、亀井静香郵政・金融担当相がフリー向けの別の会見を設定している金融庁などが含まれている。B段階は、ライターらが参加できるが質問できないもので、厚労省など4府省庁ある。さらに、日本新聞協会、日本民間放送連盟に加盟している社は参加も質問もできるのがCで国家公安委員会など3府省庁、記者クラブのみなのがDで宮内庁など3府省庁だ。

 省庁の会見は、記者クラブ主催になっているケースが多く、畠山さんによると、A段階といってもクラブによって様々なケースがある。その中には、参加基準がある程度はっきりした総務省などのほか、基準がはっきりしていない省庁もある。クラブでは、月ごとなどに会見を仕切る幹事社が選ばれており、その場合、幹事社の恣意的な判断による場合が多いというのだ。

■ライター「厳密に分けて下さい」

 原口総務相も、記者会見の開放度を4段階にくくったものの、2010年4月2日の会見で、「Aについても、かなり違いがあります」と認めた。そのうえで、フリーライターらの参加や質問を了解したクラブについては、「(行政への)公正なアクセスに協力していただき、御礼申し上げます」と述べた。

 一方で、原口総務相は、3月30日の会見では、畠山理仁さんからの質問に、こう答えている。

  「AというからAが一番いいとか、ABCDに価値はないのですよ」「A級ライセンスと言うと、さもいいみたいですけれど、まだ単にABCDを付けただけです」

調査は、あくまでも客観的に区分けして現状報告しただけで、総務省が独立した他省庁に口出しするようなものではないと言いたいようだ。

 とはいえ、その「客観的な区分け」そのものに、疑問の声が出ているのだ。4月2日の会見に出席したフリーライターの小川裕夫さんは、こう言う。

  「幹事社の了解がなかなか得られないというのは、『参加できない』というのと同じではないですか。CやDの段階がそういうくくりなので、『そっちなんじゃないの』ということです。そういう意味で、確かにAが一番いいとかではありませんね。BよりAの方が開放度が高いところもありますが、玉石混淆ということです。大臣には、AからDまで厳密に分けて下さいと言いたいですよ」


■関連記事
「記者クラブはつぶしたほうがいい」 ネット中継討論会もりあがる : 2010/03/01
東京地検の記者会見 なぜ記者クラブ以外は入れない : 2010/02/02
ネット「締め出し」首相会見 民主党と記者クラブに批判噴出 : 2009/09/17
エッグを探せ! 東京ディズニーランドで「ディズニー・イースターワンダーランド」で満喫しよう! : 2010/04/02
先輩たちへお願い「新人に偉そうにしないでください」 : 2010/04/02

<将棋>清水女流王位・女流王将が秋にコンピューターと対戦(毎日新聞)
<子ども手当>支給まで2カ月 「対象か」「手続きは」市役所に相談殺到(毎日新聞)
<力士暴行死>「減刑は残念」斉藤さんの父(毎日新聞)
放火 銀行にガソリンまきライターで火、男逮捕 山形(毎日新聞)
一時保育の規制緩和を国へ申請 横浜市長が明かす(産経新聞)

<訃報>宇梶輝良さん77歳=国学院大前理事長(毎日新聞)

 宇梶輝良さん77歳(うかじ・てるよし=国学院大前理事長)2日死去。葬儀は6日午前11時、埼玉県所沢市北原町1282の所沢市斎場。喪主は長男良昭(よしあき)さん。

弁護士バー 東京・渋谷に開店へ 接客で法律相談はせず(毎日新聞)
園遊会に浅田、高橋両選手ら(時事通信)
閉鎖的な組織風土 虐待問題で厚労省が報告書(産経新聞)
関東地方、昼過ぎにかけて大荒れ(読売新聞)
<小美玉市長選>島田氏が無投票再選 茨城(毎日新聞)

水俣病未認定訴訟、チッソが和解案受け入れ(読売新聞)

 水俣病と認められていない被害者でつくる水俣病不知火(しらぬい)患者会(熊本県水俣市)の約2100人が国と熊本県、原因企業「チッソ」(東京)に損害賠償を求めている集団訴訟で、チッソは26日午前の取締役会で、熊本地裁が示した和解案(所見)の受け入れを正式決定した。

 国、県は既に受諾を表明しており、被告側すべてが受け入れを決めた。

 患者会側も受け入れに前向きで、28日の原告団総会で最終決定する。29日の和解協議では原告・被告双方が合意し、和解が成立する可能性が高まった。

 和解案の主な内容は、原告1人当たり210万円の一時金と、月額最高1万7700円の療養手当、活動経費に充てる団体加算金の支給。チッソはこのうち、一時金と団体加算金を負担する。

<2歳長男虐待死>母親に懲役7年の実刑判決 東京地裁(毎日新聞)
水俣病 和解成立 熊本地裁で不知火患者会(毎日新聞)
インドネシア人介護福祉士候補者受け入れ施設に実態調査(医療介護CBニュース)
水俣病訴訟、和解へ=原告団が受け入れ決議-地裁提示案、賛成多数で(時事通信)
強制起訴、来月25日以前目指す=JR歴代3社長について指定弁護士-福知山線事故(時事通信)
プロフィール

むらかみけいいちさん

Author:むらかみけいいちさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。